Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外旅行
海外留学 海外赴任
海外旅行

海外旅行 天候不良で飛行機が飛ばないとき2014年12月16日

通常は他の航空便に振替か払い戻しが行われます。

天候不良で飛行機が欠航してしまった場合、一般的には他の便に振替か払い戻し、他社便に振替が行われます。欠航が分かった時点で航空会社のカウンターに即座に並びましょう。振替は元々の予約者が優先されてしまうため、空席がない可能性もあります。航空会社のカウンターはすぐに長蛇の列になってしまうので、早めに行動することが大切です。空港に着いていない時点で欠航が発覚した場合や、カウンターが長蛇の列の場合は電話で問い合わせた方が早く対応してもらえる可能性があります。

自社都合の欠航の場合には航空会社が宿泊や食事を提供することもあります。しかし、自然災害など不可抗力な理由での欠航に対しては、基本的に航空会社がホテル代などを補償してくれることはありません。多くのLCCは振替か払い戻しのみで、他社便への振替は行っていません。

海外旅行保険に加入していると、飛行機欠航で生じた損害を「航空機遅延費用」として補償してもらえる場合もあります。「航空機遅延費用」の補償は基本プランにはついておらず、オプションとして付帯する場合が主流です。オプションの料金は数十円~と比較的安価です。天候状況が不安なとき、欠航率が高めの航空会社や地域を旅行するときには海外旅行保険で「航空機遅延費用」のオプションをつけておくと良いかもしれません。