Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外旅行
海外留学 海外赴任
海外旅行

海外旅行 日本帰国時の持ち込み禁止品2014年12月16日

外国の持ち込み禁止品は銃器や麻薬、コピー品などです。

日本から持ち出しが可能でも、渡航先の国では持ち込みが禁止されている物があります。基本的には、高額な現金、タバコや酒類には持ち込むことのできる量に制限があり、銃器や麻薬、コピー品やポルノはどこの国でも禁じています。このほかに、国ごとに異なる持ち込み禁止品もあるので、渡航前に各国の持ち込み禁止品を調べておく必要があります。

例えば、アメリカでは肉類の持ち込みが禁止されています。「肉類」というのは、肉のエキスが少しでも入っているものも対象になります。そのため、カップラーメンやスープ、カレーなどでも没収されてしまうことがあります。

また、中国では他の持ち込み禁止品に加えて国家機密に関わるような印刷物やメディアの持ち込みを禁じています。シンガポールではチューイングガム、インドネシアでは中国語表記の本の持ち込みが禁止されているように、国によって持ち込み禁止品には特徴があるので、事前に調べておくことが大切です。