Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外旅行
海外留学 海外赴任
海外旅行

海外旅行 無実の罪で連行されたときどうするか2015年1月28日

滞在先の在外公館(日本大使館又は総領事館)に連絡するよう警察に求めてください。

海外で無実の罪で連行されてしまったら、まずは滞在先の在外公館(日本大使館又は総領事館)への連絡を求めましょう。在外公館と連絡を取り合うことで、弁護士や通訳の情報提供などの法的手続きや家族との連絡を支援してもらうことができます。また、無実の罪で連行されている場合には警察に改善を求める交渉を行ってくれます。

一方で、弁護士や通訳などでかかる実際の費用は本人が負担することになります。また、当局との交渉も実際は本人や弁護士、通訳が行うことになります。在外公館はあくまで法的手続きや交渉の支援を行ってくれるだけであることを忘れないようにしましょう。

一旦連行されてしまうと、たとえ無実であっても主張を受け入れてもらうことは非常に難しいでしょう。そもそも、犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高い場所には行かないことが大切です。人通りの少ない場所は歩かない、知らない人に何か渡されても受け取らない、などは常に留意しながら海外旅行を楽しみましょう。