Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外旅行
海外留学 海外赴任
海外旅行

海外旅行 現地の病院で言葉が通じないとき2015年1月19日

現地で病院に行くときは、日本語が通じる医療機関を探しましょう。

現地で病院に行く際に、もっとも不安なことの一つが言葉の問題です。現地語が得意な人ですら、専門的な医療用語は分からないことも多いといえます。海外旅行中に病院に行かなければならなくなったときは、日本語で受診できる、または日本語の通訳がいる医療機関を選ぶと良いでしょう。外務省も、日本語で受診できる医療機関のリストを公開しています。

また、海外旅行保険の会社が提携している医療機関では、日本語のサポートを受けられる可能性が高いといえます。帰国後に医療費を補償してもらう手続きもスムーズになります。

現地語のみ通じる医者しか見つけられなかった場合は、会話帳を利用しましょう。多くの旅行ガイドブックには、旅で必要な会話が載っています。また、インターネットが繋がる環境であれば、翻訳のアプリなどを使うこともできます。

参照:

外務省 世界の医療事情