Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外留学
海外赴任 海外旅行
海外留学

海外留学 ケータイの充電器を日本に忘れてきた場合2014年9月22日

留学先で購入するか、日本から送ってもらいましょう。

ケータイ(携帯電話)やデジタルカメラは充電が必要な機器ですが、充電器はうっかり忘れやすいものです。留学先に到着してから、充電器を日本に忘れてきたことに気づいたら、やはり何とかして入手する必要があります。

スマートフォンはグローバルブランドの機種が多く、プラグの規格も世界共通となっているので、現地で探して購入することも比較的容易と言えます。いわゆるガラケーの場合はハードルが上がります。デジタルカメラの充電器もメーカーや機種によって規格が異なるため、店頭で探すハードルは高いでしょう。

携帯電話の充電器は、一部の旅行代理店で貸し出しサービスを行っているところがあります。インターネットで情報を探してみると良いかもしれません。

より現実的な手段としてはオンラインショップで購入する方法があります。インターネットが使える、配送先が指定できる(すでに滞在先に腰を落ち着けている)などの条件はありますが、より確実性の高い選択肢といえます。

現地で販売されている充電器を入手した場合、現地の電源規格に合った製品であるため、変換プラグや変圧器を使用しなくても使えるというメリットがあります。帰国後日本で使えるかどうかは別問題になりますが。

充電器を日本から送ってもらう方法も考えられます。もし充電器に加えて電池(バッテリー)も送ってもらう場合、リチウム電池の扱いについて送業者に確認しましょう。事業者よってはリチウム電池の配送を受け付けていない場合があります。