Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外留学
海外赴任 海外旅行
海外留学

海外留学 パスポートのコピーをとっておく重要性2014年8月27日

パスポートを取得したら、複写機でコピーを何枚か取っておきましょう。

■ パスポートは渡航前にコピーして持っておくとよい

学校や滞在宿泊先などで手続き上パスポートのコピーの提出を求められる場合があります。そのため、パスポートのコピーをあらかじめ取っておくと手続きを進めやすくなります。

また、現地でパスポートを紛失してしまった場合の備えとしてパスポートのコピーが活きる場合があります。もちろん本物のパスポートと同等の効力はあるというわけではありませんが、提示できるものが何もない状態に比べれば便宜を図ってもらいやすくなります。

コピーは顔写真と署名が記載された見開きを写しておきます。コピーを作る機会に同時に航空券、クレジットカード(カード番号と緊急連絡先)、保険の書類などもコピーをとっておきましょう。

パスポートを紛失して再度発給してもらう際には顔写真も必要となります。万一の備えてとして、ついでに写真も用意しておくとよいでしょう。