Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外留学
海外赴任 海外旅行
海外留学

海外留学 入国の手続き・入国審査2014年7月30日

入国時には審査があり、複数の書類が必要です。

留学先の空港に到着すると、まずは入国審査を受ける必要があります。入国審査では次のような書類の提出が求められます。

※ SEVISは「学生・交流訪問者情報システム」の略で、アメリカに学生ビザを申請する場合には事前に支払う必要があります。参照:米国大使館「SEVIS費用について

これらの書類は機内持ち込み手荷物として携行する必要があります。 誤って預入手荷物に振り分けてしまわないように注意しましょう。

■ 入国審査官の質問に備える

入国時には書類審査に加えて入国審査官による審査も行われます。審査は基本的に英語が用いられ、簡単な質問の形式で行われます。質問内容も応答も、基礎的な英語力で対応できる内容と言えますが、いきなり英語で質問が飛んで来ると焦ってしまうこともあります。落ち着いて対応しましょう。

質問される内容は、入国目的(何を勉強するのか)、滞在予定期間、滞在先、編入学先の学校名、といった内容が中心です。あまり複雑なことは尋ねられません。回答は相手に理解されればOKで、決して完璧な英語力は必要ありません。ただし、適当な・曖昧なことを言うと、あらぬ疑念を抱かれてしまう可能性があります。率直な回答を心がけつつ、言葉を選んで返答しましょう。