Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外留学
海外赴任 海外旅行
海外留学

海外留学 海外で病気になったらどうする?2014年9月22日

まずは保険会社へ連絡をとり、早めに病院へ向かいましょう。

海外生活の中で病期やケガをする場合は当然あります。病院に行く必要のある事態になったら、まず保険会社に相談してみましょう。

保険会社にもよりますが、多くの場合、適切そうな最寄りの病院を教えてくれます。病院の手配も行ってくれる場合があります。

保険会社へ連絡して状況を説明し、病院を教わると同時に、保険適用のため必要書類、移動費や国際電話通信料が保険でカバーされるかどうかなども確認しておきましょう。

語学に不安があり、向かう病院に通訳できる人もいない場合、可能であれば病院に向かう際に現地の人に付き添ってもらいましょう。病院では英語の診断書をもらい、保険会社に提出できる状態にしておくことが必要です。また、領収書やレシートも捨てずに取っておきましょう。

海外での入院・治療は費用がかさみます。サポートを受けるためにも、保険にはぜひ事前に加入しておきましょう。