Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外赴任
海外留学 海外旅行
海外赴任

海外赴任 住居貸主とのトラブル予防策2015年6月19日

海外赴任先での住居貸主とのトラブルを防ぐには、契約時に責任の所在を明確にしておくことが大切です。

海外では、言葉や文化の違いから住居の貸主と借主のトラブルが起きやすいといえます。貸主とのトラブルを防ぐためには、契約や入居の時点で責任の所在を明確にしておかなければなりません。例えば、住居内に既に設置されている家電や家具のメンテナンスや修理費用は誰が払うべきなのか、という点です。また、退去時に敷金がどのような基準で返還されるのかについても確認しておきましょう。原状回復しなければならない点と自然損耗しても良い点について区別しておくことで退去時のトラブルも防ぐことができます。

また、同じ企業の前任者に住居のトラブルについてアドバイスを求めておくのも有効です。同じ住居に入居する場合はもちろん、その国で起きやすいトラブルを把握しておくと今後の海外赴任生活に役立ちます。