Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外赴任
海外留学 海外旅行
海外赴任

海外赴任 更新可能期間前にパスポートを更新したい2015年6月17日

パスポートを更新可能期間の前に更新するためには、パスポート更新時に赴任命令書を提示しましょう。

通常パスポートを更新したい場合は、パスポート有効残存期間が1年未満になった時点で更新が可能となります。しかし、海外赴任への出発時には有効期間が1年以上残っているが、赴任期間中に有効期限が切れてしまうというケースもあります。現地でもパスポートを更新することは可能ですが、海外赴任や留学など特別な事情があれば更新可能期間の前でもパスポートの更新は認められています。パスポート更新可能期間前に更新するためには、パスポート更新時に赴任命令書や入学許可証を提示しなければなりません。

パスポートの有効残存期間が1年以上残っていても、更新を行った時点で有効期間はリセットされます。すなわち、有効期間はパスポート発効日から5年または10年ということになります。パスポートの有効期間を無駄にしたくない、という場合には海外赴任先で有効期限が迫ってからパスポートの更新を行うと良いでしょう。