Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外赴任
海外留学 海外旅行
海外赴任

海外赴任 海外滞在中、所得税や住民税はかかるか?2015年2月17日

期間が1年以上の海外赴任なら、国外で得た収入は所得税や住民税の課税対象にはなりません。

1年以上海外に滞在する場合、日本では「非居住者」扱いになります。「非居住者」が国外で得た給料は課税対象にはなりません。そのため、所得税も住民税もかかることはありません。ただし、国内で得た収入は日本に居住しているときと同様に課税されます。国内での不動産収入などは所得税や住民税が課税されます。

海外勤務が1年未満のときは「非居住者」扱いにはならないため、国外で得た給料も課税対象となります。また、年度の途中で海外赴任を始めると、国内に居住していた期間の収入は課税対象となります。そのため、1月1日から出国までの期間に得た国内収入は課税対象ということになります。この場合は、その年の年度末に国内収入に対して年末調整と確定申告を行わなければなりません。