Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外赴任
海外留学 海外旅行
海外赴任

海外赴任 海外赴任中の役員報酬に対する課税2015年7月27日

海外赴任している日本の法人の役員の給与は、国内源泉所得とみなされ所得税が徴収されます。

海外赴任する役員が「非居住者」の条件を満たしていたとしても、日本の法人の役員報酬には所得税がかかります。通常は、1年以上の期間での海外赴任者は「非居住者」とみなされ、国外で得た源泉徴収は非課税となります。しかし、日本の法人の役員報酬に関しては、国外で得た給与であっても日本で所得税が徴収されます。

基本的に、日本の法人の役員報酬には所得税がかかりますが「使用人として常時勤務している役員」は対象外です。「使用人として常時勤務している役員」は、他の海外赴任者と同様に国外源泉所得には課税されません。「使用人として常時勤務している役員」とは、例えば海外支店の取締役支店長があげられますが、「使用人として常時勤務している役員」と「役員」との明確な違いは定義されていません。

参照:

国税庁 海外で勤務する法人の役員などに対する給与の支払と税務