Weblio海外通

海外通は、海外へ行く日本人がぶつかる全ての「困った!」「どうしよう?」
を解決し、海外の滞在に関わる情報を総合的に扱う情報サイトです。

海外赴任
海外留学 海外旅行
海外赴任

海外赴任 赴任前の英語力アップで優先する部分2015年5月13日

海外赴任では英語が必須スキルといえます。特にリスニング力は少しでも伸ばしておきましょう。

海外赴任では現地の言葉を使ったコミュニケーションが必要となり、たいていの場合は英語を使って話すことになります。日常でも取引先との仕事でも常に英語を使って生活することになります。赴任に当たっては事前に可能な限り英語力を伸ばしておきたいところです。

英語能力はスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングといった要素に分けることができますが、この中ではリスニングが第一に重視すべき要素になってくるといえます。自分の意思は、単語の羅列でも何とか伝えられます。極端に言えば、そのつど単語を調べて述べても何とか進みます。しかしこちらが相手の発言を聞き取ることができない場合、コミュニケーションがストップしてしまいかねません。

リスニング力を向上させる最上の方法は何といっても耳を慣らす事です。ネイティブスピーカーと会話をする機会が豊富にあれば理想的ですが、海外赴任前の状況では難しいかもしれません。英語のニュースやリスニング教材で英語を聞く場合と、実際にネイティブと会話をする場合では少し違うリスニング力が求められます。英会話教室やオンライン英会話、ネイティブの知人をつくるなどして、リスニング力を鍛えましょう。